ベルタ妊娠線クリームで出産後も安心

ベルタ妊娠線クリームで妊娠線対策はばっちし♪

一度できてしまうと、妊娠線ってなかなか消えないんです。

あるデータによれば、妊娠中の妊婦さんの80%以上の方がなにかしらの妊娠線予防のためのケアをしていたというアンケートもあります。

 

そのくらい妊婦さんにとっては、妊娠線ができてしまうと一生のお肌のなやみになるために、避けたいと思うものなのです。
そして、その妊娠線対策にも様々な商品があるのですが、私がおすすめしたいのが、ベルタ妊娠線クリーム
まずは、そのベルタ妊娠線クリームを実際に使って見た方の生の声を聴いてみてください。

 

そして、ベルタ妊娠線クリームは2015年、さらにパワーアップしたんです!その内容も含めて一緒に見ていきましょう。
今までとはまた一回り効果をアップしてベルタマザークリームという表記になったので、詳しくあとで解説していきますよ。

 

ベルタ妊娠線クリームの口コミ

 

妊娠発覚で様々な妊婦さん用の雑誌やサイトをみて、妻にベルタさんの妊娠線クリームを購入しました。
最初は自分で探したのですが、どれがいいのか全く分からず、職場の先輩ママさん達からもとてもいい商品だと聞いていたので、これに決めたのですが、妻も喜んでくれたし、しっかり早い段階からの予防が功を奏しました♪


 

ベルタ妊娠線クリームで妊娠線対策はばっちし♪

 

妊娠してから、味覚や嗅覚がとても敏感になって、そこに肌まで敏感になって妊娠線ができるのかとすごく悩んでいました。それまで使っていた保湿クリームは匂いがダメになって、友人からおすすめされたのが、このベルタ妊娠線クリームでした。
無添加、無香料などの妊婦さんの安全にこだわっている点や、なによりサポートにいつでも何度でも困ったら電話してきてもいいですって姿勢にとても信頼感を感じます。


 

妊娠線のケアというのは、妊婦さんにとってはとても大事な悩みのひとつになります。
できてしまったら、出産が終わってから友達と温泉とか、旅行にすら生きにくくなったという方すらおられます。

 

ベルタ妊娠線クリームで妊娠線対策はばっちし♪

 

ベルタマザークリームへと進化

ベルタ妊娠線クリームから、ベルタマザークリームへと進化を果たしたその内容についてみていくと、
変更されたところ、そしてなぜ変わったのか、を実際にベルタマザークリームの開発会社であるビーボさんに電話して聞いてみちゃいました!

 

まずは、あれだけ人気を誇って、在庫が間に合わないくらい注文も多かった商品を、このタイミングでリニューアルさせた理由はなぜでしょう。

ベルタマザークリームはなぜ生まれた?

正直、もし私がこの商品を開発していたなら、新しく宣伝するためにコストもかかるし、商品自体を新たにするための開発費もきっとたくさん
かかると思うので、こんなことはやらないと思います(正直にw)。

 

なので、この部分をビーボさんに聞いてみました。
妊娠線というのは、妊婦さんにとってはとても大きな悩みにもなるもの。だからこそ開発に妥協はしたくなかったと。
さらに前回のベルタ妊娠線クリームは妥協はしていなかったけれど、実際に使った方からどうだったとか、もっとなにかを
望むならどんなポイントがあるのかを調べてみたところ、もっと浸透した後、サラサラな感覚が欲しいとか
出産が終わってもケアできるようにしてほしい、より無添加で妊娠線への効果をあげられないのかなど
開発者泣かせの声があったとのことです。

 

しかし、そういった実際に悩む妊娠中の妊婦さんの声に向き合って開発した新しいベルタマザークリーム。
様々な妊娠線ケア商品がある中でも、そういった妊婦さんに対して真摯に向き合って作られた商品だと私も話を聞いて感じることができました。

 

 

ベルタ妊娠クリームは、妊娠中の妊婦さんに寄り添うサービスを展開されているし、妊娠線クリームの効果もしっかりとしています。
シラノール誘導体が配合されている、妊娠線予防クリームはなかなかありませんよね。

 

このシラノール誘導体について少し解説しますね。

 

シラノール誘導体とは

あまり聞きなれない言葉かもしれませんよね。
シラノール誘導体とは、ヒドロキシプロリシランCNといい、ケイ素の化合物として化合されたものをいいます。
通常ケイ素は、人体に必要なミネラルの一つなのですが、人間の体内で生成できないので、外から補うしか方法がないのです。
その上、ケイ素は年々体内から減少するので、必須の成分なのです。

 

また海外ではこのシラノール誘導体が含まれている妊娠線予防クリームが現在は主流になっており、
beruta妊娠線クリームは、国内でも注目の成分であるシラノール誘導体を配合している点もおすすめのポイントでもあるんです。

 

ベルタ妊娠線クリームの効果

ベルタ妊娠線クリーム

先ほどの項目でも説明した注目の成分であるシラノール誘導体が配合されていることもそうなのですが、
一般的に妊娠線は、肌の急激な伸縮と、乾燥が伴って形成されることから、通常のボディークリームではなく、
しっかり肌の奥にある真皮の部分まで成分が届くもので、その効果もしっかり持続するものでなければなりません。
berutaブランドは、酵素ドリンクや、女性用育毛剤、バストアップクリームなど、女性の悩みに本気で向き合う商品開発をされており、
それらを使っているユーザーの方々からも、すごく人気を得ている信頼のブランドです。

 

ベルタ妊娠線クリームで妊娠線対策はばっちし♪

 

妊娠線という悩みに向き合う方に向けて、ちゃんと効果のある成分や、妊婦さんの安全性にこだわって作られた
このベルタ妊娠線クリームは、妊娠初期の妊婦さんからも、本格的にケアしたい中期から後期のプレママさんから圧倒的な支持を得ているんです。

 

通常のボディークリームとの違い

インターネット上で妊娠線ケアをされていた方々の声を調べていくと、中には通常のボディクリームで妊娠線予防をしていた方もおられます。
では、妊娠線専用クリームと、ボディークリームはどんなちがいがあるのでしょうか。

 

肌への浸透性の違い

通常のボディークリームは、妊娠線の対策として作られているわけではなく、体の保湿を考慮して制作されているので、
お肌の表皮の保湿が主な機能です。
しかし、妊娠線クリームは原因である真皮の急激な成長に備えるために、肌の奥にある真皮までしっかり浸透しなくてはなりません。

 

妊婦さんでも安心して使える安全性

ベルタ妊娠線クリーム

通常の保湿クリームは、添加物を使用している場合や、いい香りをさせるための香料を使用している場合がほとんどです。
妊娠中の妊婦さんは、匂いのするものがダメになってしまうことがほとんど、ベルタ妊娠線クリームは妊婦さんの安全にこだわり、
添加物無添加、無香料で安心して使えるように設計されているんです。

 

価格の違い

お値段である価格帯も、やはり大きな違いがあります。ボディークリームは安いものは100均でも販売されているし、
高性能なものでも2000円くらいで手に入れることができます。
しかし、妊娠線クリームは3000円〜7000円くらいの価格がします。

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線は一度できてしまったら、簡単にはなくなりません。友人と温泉旅行とか、旦那様との夜の営みなど、
うっかりケアしていなかったなどで、お腹周りやお尻にできてしまうと、その後に支障を及ぼす可能性もあります。

 

そうなる前に、妊娠初期からのベルタ妊娠線クリームでしっかり予防、対策をしておきたいものです。
あ、新しくなったのでベルタマザークリームですね♪

 

関連サイト

 

妊娠線ケアクリーム総合サイト
ここでは、ベルタだけではなく多くのストレッチマーククリームの情報がたっぷり。
妊娠線の予防対策、しっかりと考えていきましょうね。